野菜炒めを作ってみた

ある日、冷蔵庫のありあわせで野菜炒めを作ってみました。
食材はもやし、人参、キャベツ1/4でだけで作ってみました。
意外と、人参を低く切り、ビタミンC毀損細胞を絶やすために炒めやすいようにする。
次にもやしを注入し、相当焦げ目がでるまで炒めます。
キャベツは舌触りが大事なので、乱切りとしてからフライパンに注入しました。
味付けは法則しょうゆ本拠だ。
下手に味噌とかにすればおいしくなくなるので、味噌で味付けするときは食材を選んで炊事する。
今回は隠し風味にほんだしを入れてみました。
実食してみるとありあわせのものとしてはおいしかっただ。
私には一緒にいる女房がいらっしゃる。
私も仕事をしていますが、極力めしは作って家で摂るようにしています☆
たえず19シチュエーション辺りマイホームに着き、彼氏が戻るまで2期間ほど時間があるのでその間に準備します。
素早く彼氏に会いたいなと思いながら、夕食をしている期間が滅法明るいだ。
他にも洗濯小物やクレンジングなどやらなきゃいけないことがあるので主として簡単な小物しか作っていないんですが
彼氏は何を作ってもうまいと言ってくれるので楽です。笑
しょっちゅうめし2~3杯おかわりしています。
夕食はほぼ9時半ほど。
夜更け遅いに食べると肥えるし、私は午前がとてつもなく速いのでサパーを食べてたちまち眠る準備をする気分なので
本当は健康に良くないのですが(^^;
それでも彼氏とめしを食べながら当日、販売であった体験など一日を振り返って話をしていらっしゃる期間が一番おもしろいだ♪
オフは時間があるので凝った夕食を出しながら自らお酒を飲んでたりしています。
夕食は明るいですし、憂さ晴らしにもなりますね♪

商いを休むについて。

生活の為に、一所懸命仕事をしてきたのですが、家庭内で悲劇ばかり起こるようになり、精神的に追い詰められてしまいました。
ある時から、突如、業に行きたくない時は、迷わず休むようになりました。
休んです時は、目当てもなく、外をフラフラして食べたい物を食べ、眠ります。
社会人として、奥様として、旦那として、身内として。
時折、自分の社会的値打ちを放棄して、ハイハイ、放浪するのも、僕には必要だと気付かされました。
物は、お金があれば支払えるけれど、僕は、そのお金の為に、自分の間を売って生活をすることが常ですが、時として休んで、自分の為に時間を使うことも大切だとおもうこの頃だ。
目下、PCを使ってEnglish開発をよくしています。
必要でしているのではなく(必要にはまったくできない、精度に自信がないので)、自分の英語の教育のためにだ。
自分の頭の中から生じる英語はごくごくかぎられているので、PCの力を借りて・・、辞書を退くから楽ですし。
学生時代にウェブサイトが使えたら、頼りっきりになっていたんじゃないかなぁって、そしてワードも熟語も憶えないです。
今の中高生たちは、どんな英語の教育をしているのだろうか知りません。私達の位よりは進化しているのでしょうか・・、だといいのですけど。
TOEICで高得点はとても取り去れみたいにないと自覚しています。

ダディのご飯を創り出すときの難しさ

過日、何かの誌で野球プレーヤーのイチロー氏の母親はイチロー氏の為に、彼氏がテーブルにたどり着くぽっきりのタイミングで食事が炊き昇るようにしているとありました。
炊きたての美味しいご飯を食べてほしいという気持ちの伝わる素敵な母親ですなと思いました。
も、それって実際には毎度吊り上げるの何だか難しいです。
わが家も、お副食が嫌いで新鮮新規の食品をしたがる男子がいますが、男子が帰宅してからめったにテーブルに鏤めるのが遅いとふれこみいうし、並べてあって冷めてしまうとふれこみ言うので困ります。
朝は、人懐っこいものが食べたいというのでうどんや身近が多くなるのですが、トイレでこれから工夫を終えそうだからというわたしが火を入れて装着を通じて朝飯を出したのに、結構テーブルに関しましてくれず通常冷めてしまってのびたうどんにふれこみ言ったりされます。
こちらも、適いてるものをあたためるだけの食品でよければ座ってからエリアで暖めるから良いのですがそれも出来ないから参ってしまう。
も、外で親子の為に取引を頑張ってくれている男子の為にも取れることはしたい内心もあるので、なるたけ希望に沿うようにしたいと思います。
閉鎖的人や内気な人が人の仲を持つには、ツイッターの実行が必須です。
但し繋がろうって精一杯、「ポイント」に気付かない人もある。
たとえばFacebookタイミング、ポイントは偽りアカウントを使用して、ずっと不特定多数のユーザーに馴染み申請していらっしゃる。
それに気づかずに承認してしまうと馴染みまで公開されているプライバシーをのぞかれ、ますます悪質な場合はその通報を抜き取って闇道順で売ってしまう。
日本語のつもりでも今は文字変換クリーミーが頒布されている時期なのでツイッター上の国のバリアはとても無いだ。
どうにも仲を保ちたいなら知っている人を少しずつ承認して出向くしかありません。

最近は肉を食べていない

私のおとうさんが生きてた間は、とことん焼肉屋君に連れていってくれたことがありました。
おとうさんは、「なんでも遠慮しないで食べなよ」といってくれていましたので、豊富
焼肉を食べて帰宅して、幸せなフィーリングを味わっていました。
それは、身が結婚してからも続いていましたし、子供が焼肉をおいしみたいに食べるのを
おとうさんはうれしみたいに見ていました。
そのことは、おとうさんが亡くなっても良し経験として心に残っています。
も、40金後半になってから、旦那が社を辞めてしまったのです。
それ以来、ミールは切り捨ていますので、決して肉を食べていません。
こういうあいだ駅近くの自作製品のお店をめぐってきました。
そこでは自分で焼ける材料がたくさん売られていて、それを見ているだけで満たされた一色になれます。それで自分で作りたいとは思えないのですが・・、これは私だけでしょうか。
材料をふたつかみっつ組み合わせるだけで、自分のオリジナルのアクセサリーが作れるなんて思ってなかったです。普通にアクセサリーを貰うからお安いかな・・とか、財産のことばかり見まがうのですが(汗)
感覚がないので、自分で作っても眩しいアクセサリーにはならないのではというのですが、そんな私でも安心でしょうか。