くらし。

普通に仕事をし、ニートとして仕事をし、手作り作品を作って御店に置いてもらって売り出し、
近頃、気づくと、トリプルワークになっているなと思いました。
も、ニートとしての商売は空いてる時間にやるし、
手作り作品は空いている時間に自分の心機一転としているので、苦にはなっていないです。
これだけ仕事をしていたら、何処かで無理が生じるのかもしれませんが、
今のところは、楽しみながらバランス良くやれていらっしゃる。
思惑をいえば、しばし手作り作品が売れてくれればなと思っているので、
今後は、しばし、製造に手間って時間をかけて、店先に出す作品を作っていきたいとしていらっしゃる。
人間の体のシステムがカラー挿し絵で紹介されている正規を書屋で借りてきました。今はこれ程分かりやすく体のメカニクスを教えてくれる正規があるんですね。強いだ。
骨のシステムは見ていておかしいですね。転んですところ骨折する職場として、太もも骨大転子ども部というのをよく聞くのですが、正規で見てよーく分かりました。腰のあたりで表現に出っ張っていらっしゃるコンポーネントなんですね。傍らむきに転んですこと、確かにここは折れやすそうです。こんな風に、外から見たり触ったりもらえる骨って、正規の中の骨の図説が一致してくるとおかしいし忘れないですね。トリビアとしてもおかしいし役にものぼりそうだし、すばらしい正規を借りました。

ゲゲゲの鬼太郎!

世の中の小学校はまだデビルウォッチがトレンドなんだろうけれど、うちの坊ちゃんたちはゲゲゲの鬼太郎に傾注!最初のポイントは、朝のちびっこ番組に出てきたデビルの歌だった筈。ろくろくび、ずんべらぼう、みつめこぞう…なんて歌ってるだけだったのに。書屋でデビルの正規を調べていたら、出会ってしまったのです、水木しげる大教員に。そこから、丸ごとというデビルワールドへ。当然鬼太郎の付きもわかり、全く気違いになってしまいました。現在はアニメも放映されていないのでユーチューブで見たりビデオレンタルしたり。うちのお子さんいわくデビルウォッチは本物じゃないとの実例。確かに、水木教員の見方を知ってしまうとそう想う想いも聞こえるなあ。
昼過ぎから外出する予定だった結果、午前中は事務業務。名人に頼まれた実録を作っていたけど、わからないポイント多いし、やっぱりしっくり来なくて、長時間悩んだ。とりあえず完成したものを名人に渡したけど、どうしてなることやら。ま、優しい部屋に居れたのは喜びだから良しと決める。
途中で飽きて裏でおやつの時刻。婦人名人から提言もらって、凄い勉強になった。養育用のグッズは、産まれてからもよさそうです。お休み中お店は調べておこうって思った。どっちみち倦怠だし。チョコ屋で動くの躊躇うなー。何もしないよりは楽みたいよなー。近年夕暮れ行ってみようかなー。
着替えて昼過ぎからの業務に備えよ。

常時働けます!!(見通し)

ようこそ。
東京でゆったり生きている怠惰ママだ。
今日ははまっていらっしゃることを一環。
我々は大学卒業してからフルタイムで勤める背景なのですが、目下学生以来のアルバイトが狙うな?として、アルバイトにはまってます。
はまっているというと語弊がありますね。
いつもの職がだらだら責任の重いお仕事でして、アルバイトをバカにしているわけではあんまり!くれぐれもないのですが、何となく希望にうなされるほど使命の小気味よい、右側から来たものを左側に押し出す、みたいなことがしたいとおもった次第です。
奇しくも年の暮れ、歳末!単発のアルバイトには望ましいご時世!としてチビチビ色々なページに登録し、ちょいちょい行ったアルバイト(主に倉庫業務)。
久方ぶりに時給でチマチマ働いて来ましたが、
否???明るい???。
行ったのは通販ものの倉庫での検品業務と、DM組み立ての工場方策業務。
学生の辺りは祭事以外での単発パートってしなかったので、初めての倉庫業務でしたが、あの働き蟻になったような思い込み、素敵です。
何故か営業現職などしていらっしゃる己ではありますが、元々口下手の人見知り。引っ込み思案。引きこもり。
こんな我々にはですーれともはなしせず、言われたことを黙々と始める業務は気楽で楽しいことなのです。
しかも我々、朝が苦手なのと本業がかなりせわしないので深夜の職に行ったのですが、夜は昼間のパートと違って時給急増だし、自身眠いので余計なやり取りがありません。
ゼロ晩頑張れば10000弱儲かるのでサイドジョブとしては月に3、4日光やれば満足。唯一他の意向とのスケジューリングが懸念といえば面倒ですが、慌ただしい中にアルバイトを入れるのはワクワクするような感触がする(初心ドM)。
本日も夜の業務明けてからの本業で、仮眠明けの出勤。
こんなことができるのも本業が落ち着いているご時世だからですなぁ……。
それでも限界までせわしないときのほうが、本当はその間時間に意向を突っ込むのが嬉しいのもあり、ほとんど忙しくなるであろういよいよに関して面白くなったりもして。
休日に何にもせずに家で猫という悠々過ごすのもたまらなく興味深いものだけど、若々しいうちは、時刻の許す限りスタミナの許す限り、無茶な働きで本人を試して探るのも面白いものだと思います。
まぁやはり、核心はもろくできておりますので、内面ストレスのない舞台に限定ではありますがね!
広場を掃除していたら、学生の頃に使用していたルーズリーフの入った手提げ袋が出てきました。特性は半分ほど減っていました。思い出深い気持ちになってゼロ枚引っこ抜き、適当に落書きをしてからゴミ箱に投げ棄てました。
思い出してみれば、学生時代もメモ用紙を並べる代わりに落書きを良くしていました。大人になっても、やることはかわらないのだと気付き、気づくと同時におかしくなりました。
僕はルーズリーフを一切手提げ袋から出すと、思い切って四つに審判し、ノートにしました。この方が有効に活用できるはずです。元はルーズリーフのノートは、一層コールの周辺に置いてあります。

国家めちゃめちゃな実例ばっかりです

国々に対して今回は考えてみました。
なぜ政治うちは裏金を作って権力の温床を出し、貧困はお金がほしいのにお金が回らないのか?
貧困はくじを買っても実に当たりません。
それに対して政治うちや一部の経団連の連中は1億なんて大衆で言う100円くらいにしか思っていないでしょう。
明らかに現金感性が異なりていらっしゃる。
そうでなければ公職選挙法など法規に悪行する動きはしないはずです。
一際今の世の中は『必要な人類』にお金が欠けるのが特別非常識なのです。
お金がないから頭脳を開花できない人類に対して好機を得る世の中にしていかなければ我が国はワールドに色んなフィールドで抜かれます。
正月に店の近くにフリマボックスを準備しました。
昨年の夏場うちから物を作るのが好きで、色んな物を作っている。
作れば、作った当たり、作がたまっていっている。
自分の作がたまっていうからというのもありますし、
はからずも、パターンかわいらしく、こういうことを通して作った物を売り払えるよ。という放送を通してたので、
パターンかなと憧れ、だらだら探した申し込み、フリマボックスを開設することにしました。
ネットでの提供も出来ますが、その場合、プライバシーが相手に告白受けることになり、安全がなくなるので、
プライバシーが守られる常設ランチタイムでの提供、そして、ついついBEST地点でボックスが空いていたので、
数日考えた申し込み、ボックスを開設するに関してになりました。
自家製作だけでは、何だか儲けが恐ろしいので、不要品と共に自家製作を販売するようにしています。
商品も売れないとしていたけれども、何点か儲けに繋がっていっている。
ただ自家製作は売れていないですが。
順調に行ってくれて、自家製作もお買い上げに繋がって行ってくれると良いなとしている。
自家製作を売り払えるほどのワザが、まだ自分にはないですが、
ボクが開設したボックスと共に成長していただけるという良いなとしている。